遠距離受信のアンテナレベル(2016年06月版)

 遠距離受信局(盛岡局・花輪中継局)のアンテナレベル測定結果です。アンテナレベルはTOSHIBA REGZA 19R1での測定結果です。今回は6月分です。

 受信環境ですが、5月からの変化点として、別系統で受信していた北海道向けアンテナを本系統に統合しました。なお、フィルター付きミキサーを使用しているため、こちらの受信状態に大きな変化はないようです。
 受信状態についてですが、全体的に5月と比べレベルが低い状態で推移しました。
 盛岡局は、5月同様不安定な状態で、若干のレベル低下が見られました。16ch(IBC盛岡局)は、12Seg復調できない日がかなりありました。
 花輪中継局は、若干不安定ながらも27ch(ABS花輪中継局)は12Segまで行く日が数日ありました。
 
 各チャンネルの平均値は以下の通りです。括弧は前月比です。
チャンネルと送信所名
13ch:Eテレ盛岡局,16ch:IBC盛岡局,27ch:ABS花輪中継局,29ch:AKT花輪中継局,31ch:AAB花輪中継局

アンテナレベル
13ch:45.7(-2.4)
16ch:34.0(-4.5)
27ch:31.0(-0.4)
29ch:22.6(-1.3)
31ch:18.6(-3.3)