異常伝搬情報 Lv.4

 08/07に北海道方面の異常伝搬が発生していました。

 今回異常伝搬を起こした局は、釧路局と苫小牧、静内の各中継局です。 苫小牧中継局の38ch(HTB)と40ch(uhb)はフルセグ復調しました。
 12Seg復調を確認したのは、苫小牧中継局の38ch(HTB)と40ch(uhb)で、1Seg受信できたのは、苫小牧中継局の24ch(NHKG室蘭)以外と、静内中継局の37ch(uhb)、39ch(HTB)、41ch(HBC)、42ch(TVh)、釧路局の29ch(Eテレ釧路)、31ch(STV)、33ch(NHKG釧路)で、CNRの最高値は、苫小牧中継局は38ch(HTB)の20dB、静内中継局は39ch(HTB)の14dB、釧路局は33ch(NHKG釧路)の14dBでした。

 アンテナは、UAX20P2(苫小牧向け)で、フィルター付きミキサーで38ch~47chを受信するように変更しました(自宅のメイン系統に統合)。ブースターはアンテナ直下にラインブースターのU20L3Cと、メイン系統に元から付いていたGCU433D1(Mode:43dB,Gain:Min)となっております。
なお釧路局に関しては、花輪中継局向けのUBL-114Dのバックから受信したものと思われます。