遠距離受信のアンテナレベル(2019年05月版)

 2019年05月分の遠距離受信局(盛岡局・花輪中継局)のアンテナレベル測定結果です。

 マスプロのレベルチェッカー「LCT5」で計測したMERの値を採用しています。

 受信環境ですが、先月と大きく変動があります。
 5月2日に低気圧による暴風被害を受けたため、3日からの約1週間は欠測となっております。
 また復旧後はアンテナ構成に変化があり、盛岡局向けは、マスプロ製「LS306 + (UB18L)」、花輪中継局向けは、マスプロ製「LS146TMH + (AMP-UK)」での受信に変わりました。
 アンテナ変更に伴い、花輪中継局向けのアンテナレベルに大きく変化が出ることになります。過去のデータは参考値としてご覧いただくようお願いいたします。

 全体の受信状態ですが、アンテナ設備に変更があったため評価がしづらいですが、比較的安定していました。
 盛岡局については、23日にフェージングに伴う大幅なレベル低下がありました。
 花輪中継局は、アンテナ設備変更に伴い、31ch(AAB)のレベルを読み取ることができない日がしばしばありました。

MERの推移グラフです。

送信所名 ch 放送局名 平均値 前月比 前年比
盛岡局 13ch NHKEテレ盛岡 18.1 +0.1 -0.9
16ch IBCテレビ 13.0 ±0.0 -0.9
花輪中継局 27ch ABS秋田放送 11.1 -1.4 -2.5
29ch AKT秋田テレビ *7.7 -1.7 -2.4
31ch AAB秋田朝日放送 *6.1 -1.6 -3.5