【追加】遠距離受信のアンテナレベルの追加について

 来月より、青森局のアンテナレベルを計測したものを追加する予定です。

 既にアンテナの向きの調整は済ませておりまして、本日28chのRABと30chのATVが40、32chのABAが35とフルセグ受信ができております。アンテナは今シーズン北海道に向けていたDXアンテナ製のUBL-114D(27素子)で、ブースターはマスプロ製のUB35で利得は最大、向きは青森局が一番高くレベルが出る位置(正確な角度については後日掲載します)となっております。

 引き続き、盛岡局と花輪中継局のABS、AKT、AABにつきましては継続して掲載予定です。

-141013追記-
 アンテナの向きは306°でした。正確な向きは293°ですが、山岳回折によって受信できていると思われます。