遠距離受信のアンテナレベル(2015年05月版)

 2月遅れですが、遠距離受信のアンテナレベルを公開します。

 アンテナの追加やミキサーの追加などがあり、対象全局を調査できるようになりましたのは、05/07からになります。
 花輪向けUAX20P2+U20L3Cと二戸向けULX20P2をUULFLH(23,25)でMixした後、GCU41L2でブーストしています。5月下旬からさらにブーストした後に八戸向けU146TMH+UB18LをMXHUDでMixしています。
 6日までは、花輪中継局の電波をUB35でブーストしています。そのため、若干のレベル変動があります。どうもGCU41L2は弱電界チャンネルのブーストには向いていないようです。

 UAX20P2からULX20P2、UA20P3からULX20P2へアンテナを変えたことによるレベルの変動は以下のようになっています。

 UA20P3 時の13chのレベル平均は38.9、16chは29.5
 UAX20P2時の13chのレベル平均は43.1、16chは33.2
 ULX20P2時の13chのレベル平均は44.4、16chは32.0

 ラインブースターが付いていない分+Mix損失分があるため16chのレベルがUAX20P2のほうがよい結果となっています。13chはわずかながらもアップしています。
 これらの平均値は4月、5月の数値のみ対象にしていますので、これまでの数値の平均を組んだらもっと数値の正確さが上がるでしょう。