北朝鮮のジャミング

 本日も短波の話題を。
 北朝鮮のジャミングに新たなものが出現しました。

 新たなジャミングとは、さりげなく連日更新していたブログのページ(奇しくも韓国のジャミングが出ている周波数と同じ数字(1053))に書いてあるのですが、筆者が勝手に付けたサイレンジャミングというものです。

 いきなりサイレンジャミングと言われても分からないと思いますので、ICF-SW7600GRで受信し、マイクの端子がないため、内蔵マイクで録音した音声ファイル(mp3)のリンクを貼ります。
http://poyfull.dip.jp/file/150107/150107.192618.mp3
6600kHz,150107:192618-150107:192719,SONY ICF-SW7600GR,Sync-USB

 上のファイルで、12秒と最後あたりにサイレンジャミングが浮いてきます。今日はスーパージャミングが出ているので、そのバックに出ていることになります。
信号の強度的には、人民の声>スーパージャミング>サイレンジャミングの順になります。

 このジャミングは今年に入ってから、毎日確認できています。スーパージャミングが止まった時に強く出ているので、4450kHzと同じ系統で、スーパージャミングとは別系統だと思われます。また今回紹介している6600kHz以外に、6518kHzでも、全く同じタイミングで出ています。
 21:02に確認したところ、スーパージャミングが停波しています。別系統のはずのサイレンジャミングが聞こえていません。よって4450と6518,6600kHzは別系統です。
 他にジャミングが出ている周波数は、3480,6348kHz(ピロピロジャミング)、4450kHz(ピーポージャミング)、6003,6015,6135,6518kHz(ピピピジャミング)となります。

 確定しているのは、「北朝鮮のジャミングに新たな系統ができて、その音はサイレンのようだ」ということだけになります。

 今後、このジャミングを追っていきますが、変化があったり、ある程度時間が経過しましたら、このページまたは、新たなページを作成・更新していきます。

-22:50追記-
 22:46にスーパージャミングを含め、北朝鮮のジャミングが再開されましたが、一緒にサイレンジャミングも出てきました。この音はスーパージャミングの一種なのか…?昨日はスーパージャミングが止まっていても出ていたのに。

-150117追記-
 17日は、6518,6600kHzには普通のスーパージャミングが、そして4557kHzにサイレンジャミングが出ています。パターンを変えたのか。