受信調査 #11 雪中行軍銅像前での地デジ受信

 久しぶりの受信調査シリーズ、今回は青森市の雪中行軍銅像がある開けた場所での受信調査です。

 以前kazuさんのブログで、雪中行軍銅像前で受信調査をしたら青森局ではなく八戸中継局が登録されたという記事を見ましたので、筆者も確認しに行きました。

 結論から言えば、kazuさんが訪れていた時は八戸中継局の異常伝搬が発生していた模様で、青森局のほうが強い。だが、異常伝搬が発生していなくても八戸中継局が全局フルセグ復調可。というものでした。

 結論の後は詳細な結果を。
 Panasonic製SV-ME7000でアンテナレベルの確認とチャンネルスキャン、マスプロ製LCT4+LCT-RA2(ロッドアンテナ)で電波強度を測定しました。どちらも一番電波状態が良かった時の測定値を掲載します。

 まずは、LCT4で測定した電波強度(dBuV)の一覧から。反応がありそうな青森・函館の各局と八戸・二戸の各中継局のレベルを測定しました。
13ch:60.5
14ch:40.7
15ch:22.2(*1)
16ch:61.3
17ch:21.3(*1)
18ch:39.2
19ch:19.3(*1)
20ch:39.3
21ch:–.-
22ch:40.2
23ch:19.1(*1)
24ch:33.2
28ch:58.7
30ch:54.6
32ch:54.7
50ch:–.-
*1:函館局方面で反応した値。二戸中継局方面では反応なし。

 次にSV-ME7000のアンテナレベルを。これは青森局と八戸中継局のみです。
13ch:83
14ch:35
16ch:84
18ch:39
20ch:38
22ch:40
24ch:34
28ch:85
30ch:84
32ch:82
 ちなみに八戸中継局方面にアンテナを向けてチャンネルスキャンをした時の青森局のアンテナレベルは、
13ch:61
16ch:57
28ch:68
30ch:69
32ch:65
 と、いくらかはレベルが落ちますが、どう頑張っても青森局が強くて八戸中継局がチャンネルスキャンで登録されませんでした。

 こういった受信結果になりました。
 シミュレーションマップ(地上高10m)では、雪中行軍銅像がある辺りは八戸中継局の電界強度が60dBuV/m以上でしたが、地上高1mではかなり電波が弱まることが分かりました。
 また、kazuさんのブログに、青森市街の夜景が見えるかどうかの話もありましたが、訪問した10/10は落葉始めという感じの木々でしたが、その木々の枝の間からかすかに青森市街の夜景が見えました。ただし、落葉しても綺麗に夜景を見ることは、木の枝が密集していることもあり厳しい感じでした。

 写真も撮っていますが、暗くて見づらいため文章のみの掲載としました。何しろ雪中行軍銅像の前ですしね…

コメント

  1. 弘前タワー より:

    ぽいふるさん

    お久しぶりです! 移動受信の結果を興味深く拝見しました。
    最近はTwitterに投稿していますので、宜しければご覧下さい。
    https://twitter.com/HirosakiTower

  2. webmaster より:

     弘前タワーさん、こちらこそお久しぶりです。

     記事を読んでいただき、ありがとうございます。
     弘前タワーさんのTwitter、拝見させていただきました。色々な場所で移動受信をしているようですね。弘前周辺での秋田局・渡島福島中継局の受信結果、非常に参考になりました。
     今後もTwitter、拝見させていただきます。

  3. kazu より:

    雪中行軍銅像で移動受信されたんですね。

    今日、自分も雪中行軍銅像のところで移動受信してきましたが、前回と同様に「八戸局」のワンセグ復調を確認しました。UHFアンテナを北海道方向に向けると「渡島福島局」がワンセグ復調と言う結果でした。フルセグ復調の確認も出来たら良いのですが受信機がなくなかなか・・・・ですね。

    函館局受信をする・・・と言う目的においてはch重複が起こるので銅像付近は良くはなさそうですが、青森市にいると八戸局に触れる機会と言うのがまず無いので面白い場所だと思っています。景色の方は秋の方がわずかに良いですが写真となると難しい印象でした。

    ぽいふるさんの函館局の受信結果を見てTvhなどもいけるかなと思ったんですが今回はダメでした。来年の春にまた訪れてみたいなと思っています。

    • webmaster より:

       kazuさん。

       今日も訪問したんですね。そして今回も八戸中継局がワンセグ復調できたということでしたか。青森市内で八戸の電波が受信できる場所で確定ですね。北海道方面は函館と室蘭ばかり目が行っていて、渡島福島の存在を忘れていました。そのためレベルチェッカーでの測定もしていません。完全に盲点でした。
       送信サイトは異なりますが、八戸のFM波も容易に受信できますね。FMは函館と室蘭を確認できています。
       青森市街は見えなくなってしまいますが、今年になって県道40号沿い(田代平)の建物で、南方面に向いた14素子アンテナを3m級マストのてっぺんに立てているのも確認しています。おそらく八戸受信と思われます。

       今シーズンは残すところ少なくなっていますが、今シーズン中にもう1度訪問したい場所ですね。kazuさん同様UHFアンテナを持って。

  4. kazu より:

    雪中行軍銅像前では「八戸局が受信できた」と言うのは青森市民の自分にとっては大きな成果ですが6月の時に「北海道波」が受信できなかったという点が心残りで、八戸局の受信状態の再確認もかねて昨日訪れました。

    「渡島福島局」は青森市内だと受信が難しい局と思っていたのでまさか・・・・と言う感じでした。行ったからには何か成果を得ないとガソリン代が・・・と思ってしまうのでUHFアンテナを使って粘ってきました(笑)

    FMラジオでも受信確認していますが安価なポケットラジオではダメですね。雲谷ではカーステで「FMいるか」が受信できますがポケットラジオでは全然ダメでした。

    標高が高い場所ではありますが「青森市内で八戸局が映った」と言うのは意味ある移動受信だったと思います。あと二戸局などが映ってくれたら良かったのですが難しいようですね。