送信所訪問 カシオペアFM二戸局

 送信所訪問、今回はカシオペアFMの本局(二戸局)になります。

 まずは、送信局データから。

送信所データ

送信所の名称 二戸局
送信所の住所 岩手県二戸市堀野字大平21-8
周波数 77.9MHz(H)
送信出力 20W
ERP 45W
放送エリア 岩手県二戸市、二戸郡一戸町、九戸郡軽米町、九戸村の各一部
受信世帯 約19625世帯
送信アンテナ U型ダイポール3段(195°)
受信元 LINE
備考 同期放送のためのGPSあり。

※送信出力とERPは、総務省の電波利用ホームページを引用。送信アンテナの種類や送信方向は外見からの推測です。
※前回訪問時と比べて送信方角が異なっていますが、当方の測定方法の違いによるもので、実際には変わっていないものと思われます。

 カシオペアFMは、二戸市の特定非営利活動法人カシオペア市民情報ネットワークが運営しているコミュニティFM局になります。
 開局当時は中継局がありませんでしたが、2017年9月時点で3つの中継局が新設されました。3つの中継局のうち2つ(浄法寺、上斗米)と同一周波数で同期放送を行っているため、当送信所にはGPSアンテナが設置されています。
 送信場所は二戸市北部の高森山の山頂で、放送エリアは二戸市と周辺地域ですが、青森県三八地方にも電波は届いていて、独自番組中の天気予報では三八地方の予報も流しています。
 既存の放送局が中継局を設置している折爪岳ではなく、二戸市街に近い高森山に送信所を置いたため、折爪岳の陰にあたる軽米町や九戸村の一部ではあまり受信状態が良くありません。
 二戸市はIBCラジオの中継局が2016年12月まで置局されていなかったため、それまでは主にIBCラジオの生番組を同時ネットしていました。2017年1月以降はIBCラジオとの同時ネット番組は平日18時からのイブニングジャーナルのみとなり、メインネットをJ-WAVEに替えた模様です。

 前置きが長くなりましたが、送信形式としては北東北のcFM局ではよくあるU型ダイポール3段となっています。ビームはほぼ南、福岡地区を向いている模様です。
 送信所付近はかなり撮影がしづらい環境となっていますので、撮影枚数は少なめになります。






 送信所へのアクセスは、大平球場を目的地にすると、高森山と当送信所が見えてきます。
 かなりの茂みになっていますので、熊などの動物に注意しながらの訪問となります。山頂に向かえば良いだけなので、それほど難易度は高くありません。