送信所訪問 陸中大野中継局

 送信所訪問、今回は昨年5月に訪問した陸中大野中継局です。

 陸中大野中継局は、洋野町の旧大野村の市街地をエリアにしている中継局です。アナログではIATは未開局でしたが、デジタル化の際に開局しました。しかし他の局よりも遅い開局となっております。(IAT以外は2010年12月、IATは2011年3月末)
 エリアとしては洋野町大野の一部地域しかカバーしていませんが、この中継局よりも受信世帯が多いと思われる種市本町中継局へTTL伝送を行っているため、意外と重要な中継局です。送信鉄塔にTTLのPUがあります。
 アナログ中継局より実質的な出力が上がっています。アナログと比べ、送信アンテナに変化がないため単なる増力のようです。デジタル中継局はチルトがかかっています。

 いつもとは逆になりますが送信局のデータ

送信所の名称 陸中大野中継局
送信出力 1W
ERP NHKE,IAT:35W,その他:34W
放送エリア 岩手県九戸郡洋野町の一部地域
受信世帯 約800世帯
送信アンテナ 6L3段1面(10°)
受信元 二戸中継局。NHKは2.4GP、民放は3.0GPで放送波受信。(NHKのみ送受信分離)
備考 種市本町中継局とSFN、種市本町中継局向けのTTLあり(2.0PU)。送信アンテナにチルトあり。

画像。1枚TTLパラボラの銘板のアップあり。