送信所訪問 陸中大野中継局

 送信所訪問、今回は陸中大野中継局です。

 まずは送信所データから。

送信所の名称 陸中大野中継局
送信出力 1W
ERP NHKG,TVI,IBC,mit:34W、NHKE,IAT:35W
放送エリア 岩手県九戸郡洋野町の一部
受信世帯 約800世帯
送信アンテナ 6L3段1面(10°)
受信元 NHK:二戸局を2.4GPにて放送波受信(送受信分離)、民放:二戸局を3.0GPにて放送波受信(送受信非分離)。
備考 チルトあり。種市本町中継局向けに2.0PUTTLあり。

 陸中大野中継局は、洋野町旧大野村地区の一部をエリアにしている中継局です。また、種市本町中継局へのソースにもなっているそれなりに重要な中継局となっております。
 この中継局は、実質的にアナログ時代より増力されています。よって視聴可能エリアが広がったと推測できます。デジタル送信アンテナはチルトがかかっています。
 ここの中継局の特徴は、NHKと民放で受信点が異なっている所です。
NHKは中継局に向かう途中の二戸局が比較的受信しやすい場所に、民放は送信点と同一です。送信所付近では二戸局の電波があまりありませんでした。そのため、NHKは受信状態が良い場所に受信点を置いていると思われます。
 種市本町中継局へのTTLがありましたが、対向の種市本町中継局へはアクセスできないので、どのようにして受信しているのかが分からない所です。 

 アクセスについてですが、送信所までは車で行くことができますが、悪路+道幅が狭くなっています。西側の道路から送信所まで行くことができました。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 以下は画像になります。