送信所訪問 久慈大川目中継局

 久慈市内にある中継局、久慈大川目中継局を久慈中継局を訪問した同日に訪問しました。

 まずは送信所データから。

送信所の名称 久慈大川目中継局
送信出力 1W
ERP 7.8W
放送エリア 岩手県久慈市の一部
受信世帯 約4800世帯
送信アンテナ 4L1段1面(60°)
受信元 久慈局を2.4GPにて放送波受信。
備考 アナログ局と場所が異なる。

 久慈大川目中継局は、久慈市大川目地区の高台に置局されました。アナログ時代は反対側(北方向)の高台に置局されていましたので、久慈中継局と共にアナログ時代と送信場所が異なる中継局です。
 エリアはアナログ時代とほとんど変わっていないようで、一部久慈中継局とエリアが被ります。
 アナログ時代と変化があった点は、送信場所の他に、IATがデジタル新局で開局したことでしょうか。IATが開局したことにより、久慈市内でIATが視聴できるエリアが広がりました。
 久慈市内でも、大川目地区のアンテナは、アナログ時代の設備のままとデジタル化に合わせて更新した世帯が半々となっています。アンテナのメーカーはマスプロ製が多い印象を受けました。

 アクセスは簡単な部類に入ります。道路脇に鉄塔があるので迷うこともありません。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 以下は画像になります。