送信所訪問 野田中継局(2016年11月訪問)

 野田中継局を2016年11月に再度訪問しました。

 まずは、送信局データから。

送信所データ(地デジ)

送信所の名称 野田中継局
送信出力 1W
ERP NHKEテレ・mit・IAT:10.5W、その他:11W
放送エリア 岩手県久慈市と九戸郡野田村の一部
受信世帯 約2300世帯
送信アンテナ 6L2段2面(30°,120°)
受信元 NHK:二戸中継局(NHK:30PUにてTTL受信、民放:40PUにて放送波受信)
備考 チルトあり。普代田野畑中継局向けのTTLあり。

送信所データ(FM)

送信所の名称 野田中継局
送信出力 100W
ERP 190W
放送エリア 岩手県県北沿岸部の広い範囲
受信世帯 約-世帯
送信アンテナ ST2段(25°,115°,205°,295°)
受信元 5素子八木1段2列にて二戸局を放送波受信
備考 送受信分離、受信アンテナは各局個別。

※送信出力とERPは、総務省の電波利用ホームページを引用。送信アンテナの種類や送信方向は外見からの推測です。
※前回訪問時と比べて送信方角が異なっていますが、当方の測定方法の違いによるもので、実際には変わっていないものと思われます。

 前回訪問時と比べて、アナログ設備がすべて撤去されていました。また、前回訪問時に見落としていたIBCラジオ中継回線と思われる5素子の垂直八木アンテナを確認しました。対向先は二戸中継局で、同じ外見のアンテナを確認しています。

 送信所までの道路状態ですが、8月の台風10号の影響によってかなり悪くなっていましたが、問題なく送信所がある場所まで車で行くことができます。